重要文化財直刀 無銘(号水龍剣) 附梨地水龍瑞雲文宝剣ちょくとう むめい ごうすいりゅうけん つけたりなしじすいりゅうずいうんもんほうけん

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • (指定名称)直刀 無銘
  • 拵金具=加納夏雄作 (かのうなつお)
  • 1口
  • (刀身) 刃長62.3 内反り(拵)総長80.2
  • (刀身)奈良時代・8世紀 (拵)明治6年(1873)
  • 東京国立博物館
  • F-262
  • 刀身は聖武天皇御剣

 奈良時代の直刀は、正倉院宝物を除けばその数は少ない。この直刀は、切刃造(きりはづくり)で重ねが厚く、僅かに刃方へ向けて反った内反りの姿となる。地鉄(じがね)は、板目肌が細かく肌立ち、流れ肌を交えている。刃文(はもん)は細直刃(ほそすぐは)を焼いており、区上(まちうえ)で焼き落としている。茎先(なかごさき)に大きな孔を一つあけている。聖武天皇の御剣として正倉院に伝来し、明治5年(1872)に明治天皇の元に取り寄せられた。翌6年に加納夏雄による水龍文の拵が製作され、水龍剣と称されるようになった。

部分一覧

読み込み中