重要文化財宝相華文如意ほうそうげもんにょい

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • (指定名称)金銀鍍宝相華文如意
  • 1柄
  • 銅製 鍍金銀、柄:木製 黒漆塗
  • 長63.5 雲頭幅26.9
  • 平安時代・12世紀
  • 奈良国立博物館
  • 956(工199)

 如意は説法、講讃、法会などで講師が手にして威儀をただすのに用いる儀式用具。本品は銅板製鍛造で、金銀の鍍金をほどこした如意。雲形の頭部は左右に広く、中央に稜先をつくり、その左右に大小の円弧を表して弧端を渦巻き状に刳り込んでいる。雲脚は裏面に彎曲して細くなり、出八双猪目透かしの金具を装して木製黒漆塗りの柄に鋲留めしている。文様は雲頭のまわりに羽状文を並列し、中央に宝相華を咋えた鳳凰を対向させ、宝相華文はほぼ左右対称に拡がって雲頭全体を飾り、花間には3羽の小鳥と1羽の蝶が飛び交い、双鳳文の下には花葉を化生する山岳文を加える。雲脚にも宝相華文と双鳳文を表し、出八双金具は宝相華と鴛鴦を配する。文様はすべて繊細な毛彫りで、文様には鍍金、間地には鍍銀をほどこし金銀相映じて効果を見せている。

部分一覧

読み込み中