国宝太刀 銘来国光たち めいらいくにみつ

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 来国光 (らいくにみつ)
  • 1口
  • 鎬(しのぎ)造
  • 長80.7
  • 鎌倉時代・14世紀
  • 九州国立博物館
  • F-1

 鎌倉時代になると、日本各地に刀剣の製作地が広がった。大和奈良の当麻(たいま)派、備前岡山の長船鍛冶(おさふねかじ)、相模の正宗などと並んで著名なのが京都の山城鍛冶である。山城鍛冶の中でも、来派は鎌倉時代中期から南北朝時代にかけ、多くの名工を出した刀工の一派である。来という名は、先祖が高麗国より渡来したためにこのように号したともいわれる。
 よく目のつんだ地鉄(じがね)に、直線的な刃文(すぐは)を焼くという、来国光の特色を豊かに示している。身幅が広く、堂々として豪快な趣きがある。寛永16年(1639)姫路城主となった松平忠明が大坂の陣で用いた刀として同家に伝わり、その後三菱岩崎家、山縣有朋(やまがたありとも)、明治天皇の有を経て東京国立博物館に入り、開館を契機に九州国立博物館保管となった。

部分一覧

読み込み中