重要文化財木造阿弥陀如来立像もくぞうあみだにょらいりゅうぞう

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 1躯
  • 木造 漆箔 彫眼
  • 像高96.8
  • 平安時代・12世紀
  • 九州国立博物館
  • C-4

覆肩衣(ふくけんえ)を着け、衲衣(のうえ)を偏袒右肩(へんたんうけん)にまとい、左手は垂下(すいか)し、右手は屈臂(くっぴ)し、ともに掌を前に向けて第一・二指を相捻じる来迎印を結び、裙(くん)を着け、両足を揃えて蓮華座上に立つ。
頭躰幹部(とうたいかんぶ)は、肉髻(にっけい)から両足枘(りょうあしほぞ)を含んでヒノキ材の縦一材から彫成して割り矧(は)ぎ、内刳(うちぐ)りのうえ、割首(わりくび)する。いわゆる定朝様(じょうちょうよう)の温和な表情をみせる顔立ち、浅く流れるような衣文表現、頭躰幹部を前後二材矧(はぎ)、割首とする構造など、平安時代後期の特色が顕著な三尺阿弥陀像の佳作である。背面には、推古6年(598)銘が刻まれているが、当初のものではない。
もと京都府亀岡市の元明院に伝来した。元明院は、寺伝によれば和銅元年(708)元明天皇の勅願(ちょくがん)により創建され、安元元年(1175)平重盛によって再建、天正15年(1587)中興されたという。

部分一覧

読み込み中