重要文化財太刀 銘国吉たち めいくによし

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • (指定名称)太刀〈銘国吉/〉
  • 1口
  • 身長72.3 反2.4 元幅2.8 (㎝)
  • 鎌倉時代・13世紀
  • 京都国立博物館

鎌倉時代の京都を代表する刀工集団、粟田口派・国吉の手による太刀。国吉は短刀の作例が多く、太刀の現存数は少ない。本品はその少ない太刀の中にあって代表的な一口。国吉の特徴と言える二重刃が帽子にまで顕著に表れている点が見所である。国吉の典型作であり、彼独自の作風をいかんなく発揮した名品である。

部分一覧

読み込み中