重要文化財曾我物語(真名本)そがものがたり(まなぼん)

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 日助筆 (にちじょ)
  • 10冊
  • 紙本墨書
  • 24.8×18.3
  • 室町時代・天文15年(1546)
  • 東京国立博物館
  • B-3268

 『曾我物語』は、曾我十郎祐成と五郎時致の兄弟が、父祐重の敵の工藤祐経を討った事件を描いた軍記物語である。事件は鎌倉時代初期の建久4年(1193)5月28日に富士の巻狩りの際中に起きた。鎌倉幕府の成立期における東国の武家社会を活写しており、『吾妻鏡』にはみられない豊かな内容を含んでいる。作者不詳で多くの異本があるが、真名本と仮名本があり、真名本が古様をしめす。
 本書は、天文15年(1546)の書写奥書があり、真名本としては最古の写本である。1959.06.27(昭和34.06.27)指定。

部分一覧

読み込み中