重要文化財草虫図そうちゅうず

画像を保存する

全画面表示

画像一覧

  • (指定名称)絹本著色草虫図
  • 2幅
  • 絹本着色
  • 葡萄:150.5×79.2/竹:150.6×79.2
  • 元時代・14世紀
  • 東京国立博物館
  • TA-488

 古くから「趙昌の曲り竹」として知られる作品。趙昌は北宋前期の画院画家で花鳥画,とくに折枝画にすぐれた。趙昌筆の伝称はともかく元明時代の毘陵(常州)の草虫画とは異なる鮮麗で精緻な画風を示す優品である。「雑華室印」印があり,東山御物として珍重された。浅野家旧蔵品。

部分一覧

読み込み中