重要文化財樹下人物図じゅかじんぶつず

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • (指定名称)紙本著色樹下人物図
  • 伝吐魯蕃(中国新疆ウイグル自治区トウルファン)出土
  • 1幅/1巻
  • 絹本着色/紙本墨書
  • 140.0×56.0/29.0×450.9
  • 唐時代・開元4年(716)
  • 東京国立博物館
  • TA-149

トゥルファンのアスターナ地区の墳墓は地下に設けられ、斜めに墓道を降りていくと墓室があり、規模の大きな場合はこれに副室が設けられている。墓室の内部は絵画で飾られ、俑や染織品など様々な副葬品が納められた。葬送の方法は土葬で、乾燥した気候のためにミイラ化した被葬者がこれまでに発見されている。
茶色の縁枠で囲まれた画面には、樹下で頭巾を外そうとしている男と、その男の袍の左袖を両手で持つ若い侍者が描かれている。この絵の裏面には、トゥルファンの柳中県高寧郡の開元4年(716)の戸籍が貼り付けられていた。戸籍の保管期間は決まっており、この文書が廃棄されたと考えられる730年頃以降の作とわかる。

部分一覧

読み込み中