国宝単 淡紅幸菱文固綾ひとえ うすべにさいわいびしゃもんかたあや

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 丈179.5cm 裄85.5cm
  • 室町時代
  • 京都国立博物館
  • I甲68-2

 淡い紅地に吉祥文の一種である幸菱(さいわいびし・または千剣菱せんけんびし)を織り出した固綾(かたあや・経三枚綾地緯六枚綾文綾)が用いられている。単(ひとえ)とは裏地を付さない肌着で、生地端はすべて糊をつけて巻き込む捻り仕立て(ひねりじたて)。単には紅色が好まれたが、季節や重ねの色の取り合わせによって異なる色も使用された。

部分一覧

読み込み中