重要文化財碧玉製合子

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 高8.6㎝/3.6㎝
  • 古墳時代・4世紀
  • 京都国立博物館
  • J甲274-1

奈良市大和田町丸山の富雄丸山古墳から出土した石製合子。右側の小さい方が濃緑青色で石材の質が高い。左側はやや大きく淡緑色のやわらかい石から出来ている。石製合子は古墳時代前期の古墳に特有の遺物であり、その内部にはなにか特殊なものが納められていたらしい。例の少ない遺物でありその点で重要である。

部分一覧

読み込み中