重要文化財銅鏡(豊前国宇佐赤塚古墳出土)

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 大分県宇佐市
  • 5面
  • 古墳時代
  • 京都国立博物館
  • J甲424

赤塚古墳は大分県宇佐市高森の台地上にある全長約58mの前方後円墳である。1921年に発掘され、後円部中央の箱式石棺の中から、立てられた状態で納められていた三角縁神獣鏡5面をはじめ、管玉、鉄刀片などが発見された。三角縁神獣鏡はすべていわゆる舶載鏡であり、九州でも最も古いの古墳のひとつである。なお、これらの鏡の同笵品が、福岡県石塚山古墳、京都府椿井大塚山古墳などで出土している。

部分一覧

読み込み中