重要文化財旧帝国京都博物館建築資料

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 1括
  • 19世紀
  • 京都国立博物館
  • D甲6

帝国京都博物館は、京都に伝来する美術の保存を目的として、明治22年(1889)に設置された。本館と表門を中心とする建築は、宮内省の内匠寮が担当し、明治25年に起工、28年に竣工している。本館は、東山を背景とし、正面には庭園をはさんで表門、その先に京都の町並みを望む。平面は東山から翔つ鳳凰の意匠。中央正面と翼部の角に大小七つのドーム屋根を載せ、その下は古器物室、それをつなぐ九つの翼廊は絵画室とし、列柱で荘厳した彫刻室を中央奥に設ける。外観も空間構成も、17世紀ヨーロッパ宮廷建築の華麗なバロック様式を写しているが、形、色、肌合い、大きさ、そのどれもが日本の伝統を感じさせ、京都の自然に溶け込んでいる。設計者の片山東熊は、コンドルに学んだ工部大学校造家学科の第一期生。奈良国立博物館本館、明治建築の記念碑というべき赤坂離宮も彼の作品である。本館の建築は、ガラス屋根による採光をはじめ、火災と地震に耐える堅牢な構造、地形に応じた湿気対策など、美術博物館施設として当時最高の水準を誇る。施工には、棟札に銘記される全国の工匠技術が結集された。120年を経た現在、建築それ自体が美術作品としての輝きを増しつつある。

部分一覧

読み込み中