重要文化財大宝積経巻第三十二(高麗国金字大蔵経)だいほうじゃくきょうかんだい32(こうらいこくきんじだいぞうきょう)

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 1巻
  • 縦29.2cm 横841cm
  • 高麗時代・統和24年(1006)
  • 京都国立博物館
  • B甲678

高麗時代、統和24年(1006)に千秋太后皇甫氏がその寵臣金致陽と同心発願して書写せしめた紺紙金字一切経のうちの一巻で、その一切経で現存するのは本巻のみという実に稀有な遺品である。高麗時代の写経の中では最も古く、表紙には銀泥で宝相華唐草文、見返しには同じく銀泥で三菩薩が散華供養している様子が描かれており、絵画史の上でも重要な作品となっている。経文は、崔成朔なる人物が書写したことが知られるが、遼や契丹の影響を受けたと見られる力強く端正な筆致となっている。
見返しの左端には、嘉慶2年(1388)に近江の金剛輪寺に施入された旨の朱書がある。

部分一覧

読み込み中