重要文化財舎利容器しゃりようき

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 大阪府茨木市太田三島廃寺出土
  • 4合
  • 奈良時代・8世紀
  • 東京国立博物館
  • E-14297~E-14300
  • 平野捨治郎氏・太田治三郎氏寄贈

三島廃寺は、法隆寺式の伽藍配置をもつ古代寺院で、渡来系氏族である太田氏の氏寺と推測されている。明治40年に塔の心礎が発見され、中央の舎利埋納孔に納められていた舎利容器が取り出された。舎利容器は、ブッダの骨とされる仏舎利を入れる容器で、三島廃寺では金・銀・銅・大理石でできた4つの容器からなっている。金内箱が銀中箱に入れられ、それが銅蓋鋺に収められ、さらに大理石の外箱に納められていた。金内箱は金板を折り曲げてつくり、銀中箱と銅蓋鋺は鋳造製で、外箱は石材を削って仕上げたものである。このように、金銀や大理石のような美しい素材を、さまざまな技術を用いて加工し、仏舎利を荘厳したのである。

部分一覧

読み込み中