国宝刺繍釈迦如来説法図ししゅうしゃかにょらいせっぽうず

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • 1面
  • 絹 刺繍
  • 縦208.0cm 横58.0cm
  • 奈良時代または唐時代・8世紀
  • 奈良国立博物館
  • 647(染73)

京都・勧修寺(かじゅうじ)に伝来したことから、「勧修寺繍帳(かじゅうじしゅうちょう)」の名で知られる刺繍の大作。宝樹(ほうじゅ)・宝蓋(ほうがい)の下、獅子座に坐り朱衣(しゅえ)をまとった釈迦如来を中心として、菩薩・十大弟子・俗形らが集まり、雲上には奏楽の天人や飛鳥にまたがる神仙(しんせん)の姿もみえる。インドのマガダ国耆闍崛山(ぎじゃくつせん)(霊鷲山(りょうじゅせん))で釈迦が法華経を説く情景を表わしたものであろう。当時の人々があこがれた浄土の荘厳(しょうごん)の様をここに垣間見ることができる。
大画面の地裂(じぎれ)は白平絹(しろひらぎぬ)。繍法(しゅうほう)は、釈迦の螺髪(らほつ)と台座、諸菩薩の宝飾と衣文(えもん)、十大弟子の持物などの一部に粒状の相良(さがら)繍い(糸で結び玉をつくり、その玉を連ねたり縫いつぶしたりしていく技法)を交えている以外は、すべてZ撚(よ)りの糸による鎖(くさり)繍い(現在のチェーン・ステッチ)とし、諸尊や人物等の間地(まじ)も同様に鎖繍いの菱形文様で埋め尽くしている。このため地裂は繍い糸の欠落部にわずかにのぞいているだけである。相良繍いの粒の大小、鎖繍いの糸の太さや運針(うんしん)方向を場所に応じて変えるなど、絵画では求めにくい立体感が表現されているところに、制作者の繍法に対する理解と習熟度の深さが感じられる。
制作時期は、中国の敦煌(とんこう)や龍門の壁画、わが国の法隆寺金堂壁画などとの比較から、8世紀初頭を下らないと考えられているが、制作地については中国説と日本説があって結論が出ていない。しかし全面を鎖繍いで埋め尽くしていることや、相良繍いがわが国上代の遺品に例をみないことから、中国・唐代の制作とする説がやや有力である。
現在の額装の姿は近世の修理によるもので、本来は壁面に懸(か)けて堂内を荘厳したと推定される。本品のような繍帳が当時数多く制作されたことが記録から知られるが、そのほとんどが失われたなかで、本品は貴重な遺品である。

部分一覧

読み込み中