国宝円珍贈法印大和尚位並智証大師諡号勅書えんちんぞうほういんだいわじょういならびにちしょうだいししごうちょくしょ

画像を保存する

image 全画面表示

画像一覧

  • (指定名称)円珍贈法印大和尚位並智証大師諡号勅書
  • 小野道風筆 (おののとうふう)
  • 1巻
  • 彩箋墨書
  • 28.7×156.9
  • 平安時代・延長5年(927)
  • 東京国立博物館
  • B-2405

 延暦寺第10世の座主、増命(ぞうみょう)が亡くなると、朝廷は増命に「静観(じょうかん)」の諡(おくりな)を贈ったが、同時に増命の師、円珍を僧の最高位である「法印大和尚位(ほういんだいかしょうい)」に昇格させ、「智証大師(ちしょうだいし)」の諡を贈った。円珍没後36年目の延長5年(927)のことである。
 醍醐天皇の命を伝えるこの勅書は、藤原博文が文を起こし、小野道風(おののみちかぜ 894-966)が清書したと記録されている。薄い縹(はなだ)色に染めた紙に薄墨の罫線を引き、量感のある重厚な和様で、気迫に満ちた筆運びを示している。和様書道の創始とされる道風は当時34歳。勅書や位記(位階を授けるときに与える文書)を書く中務省の少内記の職にあった。「天皇御璽(ぎょじ)」の朱文方印が13か所、裏面2か所に押してある。
 円珍(814-891)は延暦寺第5世の座主、天台宗寺門派の祖で、園城(おんじょう)寺(三井寺)を再興した。

部分一覧

読み込み中